歯医者

まずはインプラントを知ろう

インプラントは、入れ歯やブリッジとは違いあごの骨に穴を開け、直接人工の歯根を埋め込み自然な歯のように定着させるための治療法です。

入れ歯やブリッジに比べて、取り外しができないために噛み合わせが悪くなったりずれたりすることがないので、他の歯やあごの骨に悪影響を与えたりすることがなく自然に生えている歯と変わらないというメリットがあります。

メリットばかりでなくデメリットもあります。まず治療費が高額なことと100%定着するとは限らないということです。

治療の流れ

インプラントの治療期間は様々で、治療の流れも慎重に慎重を重ねます。

まず、現在の歯の状態や噛みあわせなどやあごの骨の硬さも調べます。レントゲンやCTスキャンなども使い、詳細に現在の状態を把握する必要があります。それから、個人個人治療方針を主治医と決めていきます。

安心して治療を成功させるために、インプラントに関してどれだけ治療の実績やノウハウ、設備を持っているかも主治医を選ぶ際の重要なポイントになります。

一般的な治療期間

具体的に、インプラント治療期間は大体で3~10ヶ月かかります。これだけ差があるのは、骨の強さにも関係があります。骨が弱い人は治癒に時間がかかることがあります。

また、歯周病や虫歯など口の中に問題があった場合も治療期間が長くなる原因になります。場合によっては骨を移植したりもするので、治療期間には個人差があります。

それを踏まえた上で治療を行うのは失敗させないためであり、あの健康を守るためには最重要なことなのです。

各エリアのインプラント治療の名医